366日たのしい発見ブログ

甘いもの、コーヒー、ロック系の音楽、読書、ルマンド好き。体はほっそり欲望たっぷり、好きなことだけして生きている30代おとこが、たのしい発見を書きます。

スポンサーリンク

ピカールのフォアグラを、買って食べてみた感想!

スポンサードリンク


  

ピカール1



こんばんは、やぁまるです。



たのしい発見しました。



今回は、ピカールの冷凍フォアグラを食べてみました。



ピカールとは、フランスの冷凍食品専門店です。

 

 先日、

東京の表参道、

青山骨董通りにあるピカールに行きました。 


店内は思ったより広くありませんでした。

冷凍ケースが並んでるので、通路も結構狭かったです。

中はまあまあお客さんがいました。


店内をみながら、
なにか良さげなのはないかな、
といろいろ見ていたところ、


フォアグラが気になりました。

フォアグラとは、カモの肝臓です。
レバーです。

 


フォアグラです。


一度は食べてみたいと思っていた食材の一つです。
冷凍フォアグラの価格は、2枚で980円でした。


正直高いのか安いのかはよくわかりませんが(笑)

ですが、

およそ千円ほどでフォアグラが食べれるのか!
と思い購入してみました。



フォアグラにつけるソースを、

ネットで調べて作りました。


今回は、バルサミコ酢を使ったソースを作ってみました。


正直どうやって作ったのかほとんど覚えていません(笑)

覚えてる限りだと、


ジャム、
醤油、
砂糖、
赤ワイン、
バルサミコ酢

をうまい具合に合わせ、

鍋に全部入れて煮詰めて作りました。



次にフォアグラを焼いてきます。



パッケージの裏側には、
2時間自然解凍と書いてあったのですが、
ピカール2

おなかが減っておりましたので、
めんどくさがり屋の僕は、

早く解凍しようと思い立ち、

 

お湯の入ったボールにダンクシュートを決め、
湯せんで冷凍フォアグラを解凍しました。


ビニールから取り出すと、

ヌルヌルしていました。

 


これがカモの肝臓か!


(フォアグラ、想像していたより小さいなぁ。)

 


フォアグラに軽く塩コショウをして、
小麦粉で薄くコーティングして、
熱したフライパンで焼きます。


焼けたら裏返して、もう片方の面も焼いていきます。


よさげな感じの焼き色になったら、
完成!




フォアグラを解凍してる間に、

付け合わせにパンを焼きました。


近所のスーパーで買ったフランスパンです。

100円ぐらいだったと記憶しております。

(あいまいでっす(笑))


これをギザギザしたパン切り包丁で薄く切り、

トースターで焼きました。

 


器にトーストしたパンと、生ハムを添え、

バルサミコ酢ソースをかけ、パセリを散らして完成でっす。
ピカール3
なんか見ようによっちゃニルバーナのニコニコマークの顔見たい(笑)


味はというと、
美味しかったです。


例えるならさっぱりした
レバーといった感じ
でした。



口当たりがよくて、

やわらかくて食べやすかったです。

これはまた食べたいなと思いました。


人生初フォアグラは、
なかなか美味しかったです。

千円ほどでフォアグラを味わえるならアリだなと思いました。



ではまた次回。


チャオ!

スポンサードリンク